日記ブログ

水道管

タイという国はプロフェッショナルがなかなか育たない国だと感じている。もちろんすごい人はたくさんいる。しかし、例えば専門職のほとんどがアマチュアに毛が生えたような人たちだ。この度の水道修理の人たちもそうだ。何の訓練もなしに仕事をしている人たちに思える。日記の抜粋から

日記ブログ

土曜日

午前6時に起床。まだ少し暗い。いつものように顔を洗って歯を磨き、外灯を消してスポーツウェアーに着替える。水を飲んで靴を履く。 体の筋肉を伸ばす。ナイキランニングクラブのアプリを起動。走る。 走っていて風景に目をやる。空が広い。雲が綺麗だ。気持ちが和む。 今日のランニングは12キロちょっと疲れた。足が重い。7日間連続は少しきついかもしれない。明日は休むを入れるか、、、それとも走るか。明日の朝の体の調子で決めよう。 走ったあとは決まって土曜日の朝市に行く。ここでパン、野菜、ジュース、果物を買う。 皆さんとは顔見知りだ。笑顔であいさつをする「おはようございます」なんでもないことだけど、日々の中でこうしたことが大切なんだと思う。 午前は撮影。NHK WORLDの仕事を受けている。今回はアカアマコーヒーのオーナーのリー・アユ・チェンパ氏のインタビュー。アカ族の出身。苦労人だ。 アカアマコーヒーをいただきながら撮影した。このコーヒーが美味い。 毎日を大事に。 訪問ありがとう。 奥野安彦

日記ブログ

今日も走る。

今日もただただ、走る、12キロ。一昨日から水滸伝を聞きながら走っています。 頭の中は物語が展開している。走っていても疲れているとか思わない。 物語が心を高揚させていて、何か疲れ知らずでいられる。 これだとフルマラソンも聞きながら走れてしますかもしれない。 2度も読んだことがある物語でも忘れていることも多いので新しい発見もある。 時代が変わると価値観も変わる。人種問題などもその典型だと思う。 100年前なら世俗的に許された価値観は今のこの時代では受け入れられない。 ある肌の色は劣等だと思っていた価値観は絶対に受け入れられるものではない。 今はどんな肌の色でも同じ人間だ。 しかし、現実は経済格差のもと様々な差別、区別がどんどん大きくなっている。 そんなことを高揚しながらも考えたりして走っていた。 訪問ありがとう。 奥野安彦

日記ブログ

還暦

人生60年なった。朝起きて何か感慨があるのかと少しは思っていたが、しかし、何にも変わらない。いつものように、起きて、60歳か、、と思いつつ顔を洗い、歯を磨き、ランニングウェアーを出して走る準備をする。走る前に水を飲んでストレッチを始める。 いつもの変わらない朝。それでいいのだと思う。携帯を見たら子供たちからお祝いのメッセージが入っていた。返信はありがとうそして、これから走るよって送った。 今日はナイキランニングクラブにはガイドランがあるのですが8マイルランを選んだ。およそ13キロ弱だ。いつものコーチベネットの声がイヤフォーンを通して聞こえる。 走ることを決めたことをまずは称賛してくれる。そして、ウォームアップランを始める。13キロ走りきることに集中する。 走りながら60年を振り返ろうかと思ったけど、まだ、振り返るには早過ぎる。 ただの通過点。そんな気がする。まだまだこれからも学ぶことが多いし、体力もこうして維持していきたい。人生いつ終わるかわからないけど、でも、60歳は通過点。きっと70歳もこうした通過点のような気がする。 僕の場合と書いた方がいいと思うが、節目は大事だ、しかし、だからといって取り立てて大きなことではない。 日々、連続している中でその時、その時、その瞬間を大事に生きているか。 そのことの方が大事なように思う。その連続が人生だし、それができなくなったら終わりなんだろうと思う。 訪問ありがとう。 奥野安彦